チベット情勢に関して 日本仏教徒の願いを直接届けましょう

7 05 2008

 チベット情勢に関しまして、全日本仏教会では3月17日に声明を発表し、4月22日付、胡錦濤 中華人民共和国国家主席、ダライ・ラマ法王十四世 テンジンギャツオ猊下、福田康夫内閣総理大臣、潘基文国連事務総長宛に本会理事長名の要請文を提出・送付致しました。(声明本文に関しては、下記リンク参照願います)

チベット情勢についての声明

チベット情勢に関する要請書提出について


 また、本会発行の機関誌『全仏』誌5月号におきまして、上記宛のハガキを同封し、読者有志の方に切手を貼り投函していただき、日本仏教徒の願いを直接届ける取り組みを行いました。
 本会ホームページをご覧の方も同様に、下記リンクよりハガキを印刷し、日本仏教徒の願いを届けたく思いますので、ご協力をお願いいたします。


胡錦濤 中華人民共和国国家主席 宛ハガキ (表面)  (裏面)

ダライ・ラマ法王十四世
テンジンギャツオ猊下宛ハガキ          (表面)  (裏面)

福田康夫内閣総理大臣宛ハガキ         (表面)  (裏面)

潘基文国連事務総長宛ハガキ          (表面)  (裏面)

全日本仏教会HPより


Actions

Informations