全日本仏教会、胡・中国主席らに要請書

23 04 2008

全日本仏教会、胡・中国主席らに要請書

 全日本仏教会(豊原大成理事長)は、23日、中国の胡錦濤国家主席とダライ・ラマ14世に対し、チベット情勢をめぐり対話を願う要請書をそれぞれに出したと発表した。

 日本の仏教徒の願いとして、「武力や暴力的な手段を用いず、平和的な対話の積み重ねによる、一日も早い人道的な解決」を訴えている。22日に胡主席には郵送、ダライ・ラマ14世には同法王日本代表部に直接提出。あわせて福田康夫首相、潘基文(バンギムン)国連事務総長にも要請書を提出、郵送した。

毎日新聞 2008年4月23日 東京夕刊


Actions

Informations

Leave a comment

You can use these tags : <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>